チャイルドシート

RECAROのプチプラジュニアシート【Start J3】レカロ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

車好きの人ならほとんどの人が知ってる、ドイツのカーシートメーカーRECARO(レカロ)。

デザインがドイツらしい感じで、どちらかと言うと男性が好むデザインなんですが、シートのすわり心地は最高なんです。
レカロシートの車を持ってる友人に乗せてもらったことがあるのですが、包まれる感じで本当に落ち着く座り心地です。

車だけじゃなく、飛行機の座席や楽天イーグルスの本拠地Koboスタジアムの選手たちが座るベンチなどにも採用されています。

チャイルドシートも歴史が深いのですが、日本での発売に本格的に力を入れ始めたのがここ数年。
他社に比べてちょっと出遅れた感があるため、まだ知る人ぞ知るなところもあるのがもったいない。

今回、RECAROから3歳頃から使えるチャイルドシート(ジュニアシート)「Start J3」が発売されました。

2人目が生まれて、上の子どものチャイルドシートを買い足す方や、4歳頃までのチャイルドシートからの買い替えの方におすすめです。
3歳頃からの使用なので、価格も税抜き13,700円とお手頃です。

【おすすめポイント】

・12歳頃まで使えるロングユースなので税抜き13,700円ならお買い得

sub8
・背もたれの高さは5段階調節可能

sub3sub2
・肘おき付き&カップホルダー付き
・体重22kgくらいからはブースターとしても使用可能

sub1

ISOFIX対応ではありませんが、シートベルトがハーネス式ではなく大人のシートベルトを使うので、子どもにも「お兄ちゃん、おねえちゃんになったね」と喜んでもらえるはず。
マニュアルを読んだ感じだと、取り付けもそんなに難しくなさそうです。

チャイルドシートの買い替えを検討している人は、ぜひRECAROも候補に入れてみてください。

以下、プレスリリースより。

3才ごろからのレカロジュニアシート『Start J3』が5月29日(金)新発売!

レカロチャイルドセーフティ株式会社

100年以上の歴史を誇るドイツのシート専門メーカー、 レカロチャイルドセーフティ株式会社(大阪府大阪市、 代表取締役:クリストフ・ペンクース)は、 2015年5月29日(金)より、 3才ごろから12才ごろまで長く使えるジュニアシート、 『Start J3(スタートジェイスリー)』を発売開始いたします。

main

『Start J3』は、 欧州安全基準UN-R44/04に適合した3才ごろから使えるジュニアシートです。 レカロの『ずっと背もたれロングユース設計』で、 お子さまの体重が36kgに達するまで、 背もたれを付けたままずっと使えるため、 大きくなっても体全体をしっかり守ります。 背もたれの高さ位置は、 お子さまの成長に合わせて5段階に調整が可能。 レバーを握るだけのワンタッチ調整で、 お子さまを乗せたままでもかんたんです。 エルゴノミック形状の座面には、 疲れにくく快適な高密度クッションパッドを採用。 お子さまの正しい着座姿勢を保ち、 体全体をしっかり守ります。

【製品仕様】

  • 製品名: Start J3 (スタートジェイスリー)
  • カラー: シュヴァルツ
  • メーカー希望小売価格: 13,700円(本体価格)
  • 参考年齢: 3才~12才くらい
  • 適応体重: 15kg以上36kg以下
  • 製品サイズ: 660~820(H) x 465(W) x 500(D)mm (カップホルダ未装着時)
  • 製品質量: 5.6kg(カップホルダ未装着時)
  • 安全基準: UN-R44/04適合

製品詳細は下記URLよりご覧いただけます。
http://jp.recaro-cs.com/child-seats-details/RECARO_Start_J3.html

レカロチャイルドセーフティ株式会社について
1906年にドイツで創業したシートメーカー。 創業から100年以上の歴史を経て、 さまざまな分野で安全で快適なシートづくりを手掛けています。 レカロチャイルドセーフティは、 ドイツ・マルクトロイガストに本社を置き、 世界4か国(日本、 アメリカ、 イギリス、 フランス)に支社を持つレカログループの一部門です。 レカログループには、 レカロエアクラフトシーティングやレカロオートモーティブシーティングなどの事業も展開しており、 グループ全体で2,000人以上の従業員が100年以上のシートノウハウを製品づくりに活かしております。

コメントを残す

*

CAPTCHA