チャイルドシート

車での移動が多い方におすすめ【クルリラ】アップリカ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ゴールデンウィークには間に合いませんが、夏のお出かけシーズンの準備におすすめです。

アップリカから回転式のチャイルドシート「クルリラ」が発売されます。

sub5

まず特徴。

安全基準はUN- R44/04だけではなくUN-R129/00にも適合

UN-R129/00に適合することで、側面衝突試験もクリア。
赤ちゃんの安全のためのチャイルドシートなので、安全性がより高いものを選びたいですね。
どんなに安全運転をしていても、もらい事故の可能性は出てくるので譲れないポイントです。

前向き、後ろ向きともに7段階の角度調節が可能

sub2

個人的には後ろ向きの時には一番倒した状態以外はあまり使わないと思うけど、前向きの角度調節は嬉しいですね。
ちなみに、1歳〜1歳半くらいまでは必ず後ろ向きで使います。

後ろ向きの時にフルフラットにならず若干の角度が付いていることに不安を抱く方もいるのですが、この角度は赤ちゃんを授乳する時の角度と同じくらいなのでそんなに苦しい角度じゃないんです。
そして安全性のためにはこの角度が付いていることのほうが大切。
赤ちゃんは頭が一番弱いのでもし事故にあった時にフルフラットだと頭に衝撃が加わる可能性もあります。
角度が付いていると衝撃は背中で受け止めることになるので、そのほうが安全なんですよ。

ISOFIX対応。

車がISOFIX対応車なら、取り付けがとっても簡単。もちろんISOFIXに対応していなくても従来通りシートベルトでの取り付けも可能です。
2012 年 7 月 以降に発売された新車にはISOFIXがついています。
それ以前の車にもついていますが、車によってはメーカー独自のISOFIX基準で製造されているものもありますので、適合車種は必ず事前に確認して下さいね。

回転式のチャイルドシートは、以下の条件に当てはまる方におすすめです。
「頻繁に車で移動する」「駐車場が広くない」「チャイルドシートはつけっぱなしで問題ない」

回転式のチャイルドシートは値段も少し高めです。
時々しか車に乗らないのなら、回転しなくても安いチャイルドシートをおすすめします。
たとえば、毎日車で買い物に行くのに赤ちゃんを連れて行かなきゃいけない方は、少しでも楽に乗せ降ろしができる回転式のほうがストレスたまらなくていいですね。

駐車場が狭い都心部に住んでいる方も回転式のほうがおすすめ。
そして、ISOFIXで取り付けが簡単とはいえ、回転式のチャイルドシートはかなりごついので常に車に取り付けっぱなしでOKじゃないとかなり不便です。

以下、プレスリリースより。

限られた車内スペースでも赤ちゃんが自然な姿勢で乗れる、新しい「イス型」。回転式ISOFIXチャイルドシート『クルリラ』が新発売!

アップリカ・チルドレンズプロダクツ合同会社

回転式で唯一、ISOFIXとシートベルトの2通りの取り付けが可能。

アップリカ・チルドレンズプロダクツ合同会社(本社:大阪市中央区、 社長:前田英広)は、 ISOFIXシステム対応の回転式チャイルドシート『クルリラ』を、 2015年5月29日より全国のベビー用品専門店・百貨店・アップリカ直営店などで新発売いたします。main

『クルリラ』は、 アップリカが提案する新しい「イス型」(※1)チャイルドシートです。1人分の座席に収まるサイズ設計であるにもかかわらず、 赤ちゃんの首やおなかの負担を考慮し、 赤ちゃんの足があがり過ぎない(※2)、 自然な姿勢を実現する「ゆったりシート」を採用 。 また、 「おやすみ」、 「くつろぎ」などわかりやすいモード表示付きで、 前向き、 後ろ向き使用時、 共に7段階のリクライニングで、 赤ちゃんの状況に合わせて角度調節が可能なので、 レバー1つで簡単に最適な姿勢を見つけてあげられます。 また、 ヘッドサポートと肩ベルトがレバーひとつで連動し、 赤ちゃんの成長に合わせて7段階の調節が可能です。

また、 『クルリラ』の取り付けはISOFIXシステムに対応 。 ISOFIXバーが装備された車に簡単、 かつ、 確実にチャイルドシートを取り付ける事ができ、 取り付けミスを軽減します。 さらに、 シートベルトでの取り付けも可能回転式チャイルドシートで唯一、 ISOFIXとシートベルトの2通りの取り付け(※3)ができる モデルで、 多くの車両に取り付けが可能です。 安全面においては 、 UN-R44/04に適合。 安全性の向上を目指し、 側面衝突の試験項目などが追加された 最新の安全規則UN-R129/00にも合格した実績を有する(※4)日本初(※5)の回転式チャイルドシート です。

◆『クルリラ』の詳細はこちら
http://www.aprica.jp/products/childseat/baby_seat/93498_3/

【製品概要】

◆製品名:クルリラ
カラー :モアレブラック(BK)/モアレブラウン(BR)
価格 :¥56,000+税
使用期間 :体重2.5kgから18kgまで(新生児から4歳頃まで)
サイズ :W474×D652~780×H545~770(mm) ※幌(アクセサリー)、 レッグサポートは除く
重量 :14.8kg ※幌(アクセサリー)は除く
規格 :UN規則(UN-R44/04)

【参考資料】
『クルリラ』の主な製品特長

ゆったりシート

限られた車内スペースでも、 赤ちゃんはできるだけ自然な姿勢でいられるよう、 赤ちゃんの首やおなかへの負担を考慮し、 赤ちゃんの足があがりすぎない(※2)自然な姿勢を実現するシート設計です。

 

7段階リクライニング

前向き、 後ろ向き使用時、 共に7段階のリクライニング調節が可能。 細かく調節できるので、 赤ちゃんの状況で最適な姿勢を見つけてあげられます。 操作レバーには、 「おやすみ」、 「くつろぎ」などおススメのモード表示付き。 操作も簡単です。

 

2通りの取り付け方法

ISOFIXシステムとシートベルトでの取り付けの2通りの取り付け方法に対応しています。 ISOFIXバーが装備された車には、 簡単、 かつ、 確実にチャイルドシートを取り付ける事ができ、 取り付けミスを軽減します。 さらに、 シートベルトでの取り付けも可能なため、 多くの車両に取り付けが可能です。
片手ワンタッチ回転シート

回転操作(※6)は片手ワンタッチ。 駐車場などの狭い場所でも、 赤ちゃんを抱っこしたまま片手で回転できるので、 乗せおろしに便利です。
最新の安全規則UN-R129/00にも合格
安全面においては、 UN-R44/04に適合。 安全性の向上を目指し、 側面衝突の試験項目などが追加された最新の安全規則UN-R129/00にも合格した実績を有する(※4)日本初(※5)の回転式チャイルドシートです。

※1:インジケーター付で前向き・後ろ向き共に7段階リクライニングできるISOFIXチャイルドシート 2015年3月アップリカ調べ
※2:設置する車のシート形状や赤ちゃんの着座状態で異なる場合があります。
※3:2015年3月アップリカ調べ
※4:「クルリラ」は同じ仕様でUN-R129/00に合格した実績を有しますが、 「クルリラ」をUN-R129/00に適合した製品としてお使いいただくことはできません。
※5:日本国内で販売する回転式チャイルドシートにおいて 2015年3月アップリカ調べ
※6:リクライニング4-7段目のみ

コメントを残す

*

CAPTCHA