トイレ・おむつ

大人もいろいろ使える【水99.9%のおしりふき】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

すべすべでデリケートな赤ちゃんのお尻を肌トラブルから守るため、欠かせないのが「おしりふき」。

おしりふきには、破れにくい厚手のタイプとか、トイレに流せるタイプ、肌に優しい乳液タイプなど種類もいろいろ。

いろんなおしりふきがあるけど、一押しなのがこの「水99.9% ふんわりおしりふき」


水99.9% ふんわりおしりふき

 

限りなく水に近い

赤ちゃんの肌は敏感だから、余計な成分が入っていると肌荒れの原因に。
このおしりふきは
「ノンアルコール」
「パラペンフリー」
「PG(プロピレングリコール)フリー」
「無香料」
なので安心。

ほんのわずか、0.1%だけ赤ちゃんの肌を守るためのヒアルロン酸などが入っています。

ちなみに、同じシリーズの商品が手元にあるのですが、表示成分は以下のとおり。

「水、ベンザルコニウムクロリド、BG、ブチルカルバミン酸ヨウ化プロピニル、ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム」

また生産国は安心の日本製です。

クイックウォーマーとの相性抜群

寒い季節になると、おしりふきが冷たくて赤ちゃんがびっくりして泣いちゃうことも。
少しでも赤ちゃんの負担を軽くするために使われるのが「クイックウォーマー」。


コンビ クイックウォーマー

基本的にはどんなおしりふきでも使える商品ですが、使えないおしりふきもあるんです。
・通常よりパッケージが大きなおしりふき:そもそも入らないから使えない
・トイレに流せるおしりふき:破れる可能性があるのでおすすめできない

そのほか、厚手だったり水以外の成分が多いものだと乾きやすいという意見もちらほら。

「水99.9%ふんわりおしりふき」ならサイズもOKだし相性抜群です。

大人もおすすめの理由

赤ちゃんのおしりふきとしておすすめなのは説明した通りですが、大人にもおすすめです。

正直、おしりふきって箱買いしちゃって最後には余ることも。

この商品、アルコールなども入っていないのでウェットティッシュ代わりにおすすめなんです。

子どもが大きくなってくると、外でウェットティッシュを使うことが増えるけど、意外とおしりふきをそのまま使っているママもたくさんいます。
私もかばんに入っているウェットティッシュは、実はおしりふきなんです。

そして、私の使い方。
おしりふきとクイックウォーマーを併用して、メイク落とし後の拭き取りに使ってます。

ミルククレンジングやクリームタイプなどの拭き取りタイプのメイク落としで「ティッシュで軽く落として蒸しタオルでキレイに落とす。」なんて面倒なことをやっていました。

でも今は、クイックウォーマーで温めたおしりふきでキレイに落とせています。
メイク落としがとっても楽になりました。

家族みんなで安心して使えるおしりふきです。

コメントを残す

*

CAPTCHA