ベビーカー

オート4 キャスなのに4kg台【メチャカル ハンディ オート4 キャス エッグショックHF】コンビ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「お出かけはいつもベビーカーで」という方におすすめなのがコンビのメチャカルシリーズ。

名前の通り性能の割に軽量化されているので、人気のシリーズなんです。

6月に新しいモデルが登場しますのでご紹介。

メチャカルならではの機能満載

まず、とにかく軽い。
メーカーは4kg台であることを売りにしてるけど、フル装備して5kgちょっと。
もちろん、世の中にはもっと軽いベビーカーもあるけど、オート4キャスでこの重量はかなり軽い。

オート4キャスとは対面・背面のハンドル切替に連動して、進行方向に対して、前輪のキャスター(軸部)が自動で回転する機能のこと。
ベビーカーを両対面式のベビーカーをつかったことがないとピンとこないけど、両対面式のベビーカーは対面、背面を切り替えるたびにキャスターのロックを手動で切り替えるものが主流でした。
でも、コンビのオート4キャスなら切り替える手間がないのでとっても楽。

切り替えないとうまく操作できなかったり、強引に使ってるとタイヤが早く摩耗しちゃったりするんです。

タイヤの直径も約14cmで昔に比べてずいぶん大きくなりました。昔は11cm位だったんだけど、大きくなることで歩道の段差とか乗り越えやすくなりました。

もちろんシートクッションにはエッグショックが付いているので赤ちゃんを衝撃から守ってくれます。
エッグショックの効果は本当にすごいんです。
以前、展示会でWエッグショックに高いところからグラスを落とすのを見たけど、本当に割れなかった。
あの実験は衝撃的でした。

その他にも最近は主流になってきたハイシート(55cm)、UVカットの幌も嬉しいポイントです。

こんな方におすすめ

普段のおでかけはベビーカー
両対面だけは譲れない
マンションや駅で階段を使うことが多い
電車やバスなどの公共交通機関をよく使う
歩道などの段差も少なく、フラット

メチャカルが選ばれる理由は「軽いこと」なので、階段を使う機会が多い方やバスなどに乗車する方(持ち上げる必要があるので…)はメチャカルは本当に便利。
ベビーカーを持って、赤ちゃん抱っこして、荷物も持って階段を上り降りするのはほんとうに大変です。
これから赤ちゃんを迎える方は、お米10kgとお水(2リットルのペットボトル3本くらい)とその他の買い物した荷物を持って階段を移動することを想像するとわかりやすいかな。
逆に家の玄関を出て、階段を使うこともなくすむ地域だったらちょっともったいないかも。

舗装があまり良くない地域だと個人的にはAirBuggyのようなタイヤのベビーカーをおすすめします。
例えばスーツケースを持って道を歩いた時にすごくガタついて歩きにくい道ってありませんか?
ある程度の段差や舗装のがたつきなどの衝撃は吸収してくれるけど、そうじゃない場合は結構衝撃やタイヤの摩耗があるかも。

そうそう、このハイシートタイプの場合は重心が高めになるので、操作はしやすいけど倒れやすいこともお忘れなく。
ハンドルに荷物をかけているとベビーカーが倒れて思わぬ事故になる場合もあるのでご注意ください。

以下、プレスリリースより。

軽量ベビーカーの理想型がついに誕生!オート4 キャス史上初の4kg台を実現し、新発想“持ちカルグリップ”搭載で階段もラクラク「メチャカル ハンディ オート4 キャス エッグショックHF」6月中旬新発売

コンビ株式会社

コンビ株式会社は、 パパ、 ママの利便性と赤ちゃんの快適を兼ね備えた最新のベビーカー、 「メチャカル ハンディ オート4 キャス エッグショック HF」を、 2015 年6 月中旬より全国のベビー用品専門店、 玩具専門店、 百貨店などで発売いたします。

アイリスブルー ステライエロー ビスコッティ ガーネット

ベビーカーは持ち運ぶ時間よりも押している時間の方が長いという調査結果※2にもある通り、 押している時の“操作性の軽さ”はもちろんのこと、 階段などで持ち運びする時の“車体そのものの軽さ”も重要です。

「メチャカル ハンディ オート4キャス」は押している時の軽さ=「押しカル」と、 持ち運ぶ時の軽さ=「持ちカル」という軽さに軽さを加えたベビーカーの理想型と言える新製品です。

【メチャカル4キャス開発ストーリー】
<発見1> 「ママたちはお出かけ時10kg以上の重さを持つことに!」
このベビーカーを開発するにあたり、 コンビが調査したところによるとママが赤ちゃんを連れてお出かけ時に持っていくバッグの重さは約3kgだということが分かりました。 ママたちはそのバッグを持ちつつ、 赤ちゃん(調査時は4kgダミー:生後3カ月を想定)とベビーカーを運ばなければならない状態で、 合計10kg以上の重さを抱えて出かけていることが想定されます。

<発見2> 「30秒間持てる重さの限界は5kg未満!」「4kg台ならまだ持てる!」
そこでベビーカーはできる限り軽い方がいいというママたちの声を反映し、 さらに押しやすさも考慮したオート4キャス搭載機種史上最軽量※1の4kg台(フル装備重量4.9kg)を実現しました。
2014年4月のネオマーケティング社による調査においても、 30秒間持てる重さの限界は5kg未満という結果が出ていることや、 2015年3月にコンビが調査した結果においても4kg台なら苦痛なく「まだ持てる」という声をいただいています。

新発想! さらに軽く持ち運べる「持ちカルグリップ」搭載
ベビーカー自体の重さは軽くしながら、 さらに軽く感じる持ち運びをする為に、 シート座面下に「持ちカルグリップ」を搭載。 片手で折りたたみをしてから、 赤ちゃんを抱っこした状態でもグラつかず安定した持ち運び方ができるようになりました。

≪「メチャカル ハンディ オート4キャス」の主な機能≫
1.オート4キャス史上初※1の4kg台を実現!(フル装備重量4.9kg)
対面時の押しやすさにもこだわり、 対面、 背面のハンドルを切り替えるだけで、 自動的に進行方向に対して前
輪のキャスターだけが回転する「オート4キャス」。
常に小回りがきいて押しやすい機能を搭載した機種で、 史上初※1の4kg台を実現。

2.新発想!「持ちカルグリップ」搭載
座面に持ち手を付けることで脇にかかえることができるようになり、 ベビーカーがぐらつかず安定する「持ち
カルグリップ」を搭載。 (特許出願中)

3.座面も通気する「エアスルーシ-ト」
体温調節が苦手な赤ちゃんにとって、 通気性を保つことはとても大切。 本製品は背面に「エアスルーシステ
ム」を搭載し、 さらに座面もメッシュ素材等を使用し通気させることでクッションやシートでも高い通気性を追
究しています。 背面部分は体感温度※3を最大5℃下げる※4ことを可能にしました。

4.シートはすべて洗濯機で丸洗いできる※5から快適
ぱぱっと外せる新構造の「ダッコシートα」はもちろんのこと、 シートは全て簡単に取り外しすることができ、
洗濯機で丸洗いできる※5から常に清潔な状態を保てます。

◆新製品モニタープレゼント企画実施中
発売を記念して、 妊娠・出産&口コミ情報サイト「コンビタウン」では、 「新製品モニタープレゼント企画」
を実施中。 モニター頂いた製品はそのままプレゼント!皆様のご応募をお待ちしています。
(応募締切:2015年5月14日(木))
★詳しくはこちらをご覧ください⇒ http://www.combibaby.com/c/2243/

【製品仕様】
■製品名 : メチャカル ハンディ オート4キャス エッグショック HF
■価格    : 53,000円(+税)
■対象月齢: 生後 1カ月~36カ月頃まで (体重15kg以下)
■サイズ :  W497×D745~880×H1005~1050mm
■本体重量: 4.8kg(フル装備重量:4.9kg)※本体重量はダッコシートαを除く
■URL:   http://www.combi.co.jp/products/stroller/mechacal_4cas/

※1 2015年4月時点 コンビ調べ
※2 コンビ調べ N=549
※3 ミスナールの計算式を使用しています。
※4 コンビ設定の試験条件により測定。
※5 洗濯方法については取扱説明書をご確認ください。

製品に関する問い合わせ先:コンシューマープラザ TEL:048-797-1000

コメントを残す

*

CAPTCHA