ベビーベッド

おふとんorベビーベッド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

赤ちゃんが生まれてくる前に準備しておきたいものの一つが、赤ちゃん用寝具。

これだけは、退院した日から使用するので出産前には準備しておきたいですよね。

初めての出産を前に悩むのが「おふとん」にするか「ベビーベッド」にするか。
これに追加で「大人のおふとん(ベッド)で添い寝」という選択肢もあります。

私も妊婦さんによく相談受けましたが、ライフスタイルや部屋の間取りによっておすすめが変わります。

おふとんが向いている場合

ママが寝ているのがおふとん:
寝ている時に様子を見やすい
ママがベッドの場合は、ベビーベッドなしであれば添い寝

部屋のスペースが十分に取れない:
ベビーベッドは大きいのでスペースがないと無理
ベビーベッドの周りにお世話をするためのスペースも必要
スペースが無いからといってハイローチェアをベッドにするのはNG

里帰りなどで一時的な寝具として:
里帰り先に一時的に使う場合はベビーベッドの準備が大変
レンタルなどでベビーベッドを借りることができない場合はおふとん

ベビーベッドが向いている場合

お兄ちゃん、お姉ちゃんがいる、ペットがいる:
赤ちゃんにちょっかいを出さないようにベビーベッド推奨

ママが寝ているのがベッド:
言わずもがなママがベッドなら赤ちゃんもベッドのほうがいいですよね

多くの方がベビーベッドが向いているんですが、もうひとつの選択として大人のベッドでの添い寝もあります。
寝かしつけが大変で、添い寝をしているうちにいつも大人のベッドで寝かせていてベビーベッドを使用しなかったなんて話もよく聞きます。

ママたちがベッドで寝ているけどベビーベッドを置くスペースがない場合も、大人のベッドで添い寝する方も多いようです。

確かに添い寝は楽だけど、寝返りをうったりするようになったら赤ちゃん一人で寝かせているのはちょっと危険。
ベビーベッドはあったほうが便利です。
また、ベビーベッドは高さがあるので埃などから赤ちゃんを遠ざけたい場合もおすすめ。
他にもベッド下のスペースがおむつやタオルなどの収納スペースにもなるので、場所はとるけどかなり便利です。

もちろん寝具としておふとん一式は必要ですが、自宅ではベビーベッドを準備するのが一番おすすめです。

ただ、ベビーベッドもいろんな種類があります。
選び方も色々。
種類と選び方については、また次回。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

CAPTCHA